山行のGPSデータをブログにGoogle Mapsで掲載する方法について

GPSデータを山行記録に活用したい

私は山ではジオグラフィカというGPSアプリを使いコースの下調べや行動中のGPSログ取りをし、wordpressの記事にGPSデータをカシミール3Dで読み込んだルートを画像形式にして末尾に貼り付けているが、折角のGPS データをもうちょっと活用できないかと思い調べていたら、WP GPX MAPS というプラグインを使うと手持ちのGPXデータを読み込んだ特製Google MAPを作れることを知り、さっそく試してみた。

案の定うまくいかない・・・・!

ネットで検索してたどり着いたWP GPX MAPSからダウンロードしてインストールするとサイトでは日本語化されていないと書かれていたが日本語が適用されていた。説明に従ってインストールしたpluginを有効にし設定からWP GPX MAPSを開きWP GPX Settingsで指定のgpxファイルを登録し投稿画面のテキスト入力からショートコードは貼り付けプレビューしてみると、、、

JavaScriptコンソールって何?どこにあるの?

Google Mapsの使い方

何が何だか分からないままエラーメッセージを検索してたどり着いたサイトを読んでてわかったことは、、、

「2016年6月22日から新規サイトでGoogle Mapsを使用する場合は「APIキーが必須」になりました。」ということで、ありがたいことに解決方法もそのサイトに載っていた。

要は、莫大なトラフィックが発生するサイトがGoogle Mapsを利用した場合に課金するためGoogleがその利用状況を把握できるように、利用者はAPIキーを登録してGoogle Mapを使用する仕組みに変わったそうで、そのために、利用者はGoogleのサイトでAPIキーを取得してページのヘッダー(又はフッター 又はbody内)に Google Maps用のScriptを読み込むコードを記入し、そこにAPIキーを追加するのだが、WordPressの場合は所定のコードを作成したmy-plugin.php に張り付けることにより使えるようになるということなので、見よう見まねでやってみたら上手くいった。

それが、これ。

最初に開くと航空写真が出てくるが、自分としては沢の名前や等高線が表示されるOCM-Landの方が興味深い。

暇を見つけて過去の記事にも入れていこうと思う。

ねんでぶろぐさんありがとうございました。

コメントを残す