よこはまウォーキングポイントアプリを入れてみた

よこはまウォーキングポイント

私が住んでいる横浜市では市民の健康推進を目的として、市内に在住在勤在学している18歳以上の人を対象に希望者に送料を負担するだけで専用の歩数計を配布し、歩数に応じてたまったポイントで抽選により商品券が当たる「よこはまウォーキングポイント」というイベントを展開していて、1年半ほど前から私もこれに参加している。

よこはまウォーキングポイント歩数計

よこはまウォーキングポイント歩数計

歩数を記録するだけならスマートフォンのアプリでもできるけれどこのイベントのサイトには各参加者の歩数ランキングが掲載されているので、他の人に比べて自分がどの位歩いているのか時々確認するのも面白い。ただ、この仕組みの難点はリーダー設置場所に赴き歩数計をかざして歩数データをアップロードしなければサイトに掲載された歩数データが更新されず、リアルタイムさに欠ける点だった。そんな折、歩数計がスマートフォンアプリとして今月の5日から配信されているということを知り、さっそくダウンロードしてみた。

よこはまウォーキングポイントアプリ

よこはまウォーキングポイントアプリ

「よこはまウォーキングポイント」のサイトにあるQRコードからAppStoreに移動してダウンロードしたアプリを起動し初期設定を済ませるとアプリが使える状態になるのだが、すでに歩数計を使っている場合は歩数計の登録で使ったアドレスとは別のアドレスをアプリの初期設定で登録しないとエラーになってしまうところに違和感を感じながらも設定を完了した。

スマホアプリらしい盛り沢山の機能に期待!

歩数はiphoneに最初から入っているアプリ、ヘルスケアのデータを読み込むようになっていて、設定中に位置情報や写真へのアクセスの許可を求められたので、さすがスマートフォンを使うだけあってこれまでのように歩数だけを記録するのではなく、位置情報やカメラ機能を利用してウォーキングに彩りを添える仕組みがあるらしい。

ちょっとアイコン類が判りにくいが、トップページにあるプロフィール写真の上に3つ並んでいるアイコンのうちスタンプ型のを押すと“横浜旧東海道を歩こう”というイベントが現れ、その右のアイコンを押すとウォーキングコース一覧という沢山のコースが掲載されたページ、そしていちばん右の巻物のようなアイコンはミッションページへの入口になっている。まだアプリを入れて2日なので往復の通勤でしか使っていないが、なんといっても随時歩数をアップロードできるのがいい。

このゴールデンウィークは訳あってあまり山に行けそうにないのでこのアプリを使って散歩やジョギングをしてみようかな?

 

 

 

コメントを残す