朝ラン20180420

4月20日 晴天 気温14度 走行距離10.54km 月間走行距離150.5km 年間走行距離569.3km

今月は天候に恵まれ、20日で月間走行目標の150kmを走ることができた。週末は三ツ峠に泊まりでクライミングに行くので明日と明後日の朝ランはお休み。1年ぶりの三ツ峠、楽しみだ。

改修された公園のトイレのていたらく

いつもお世話になっているランニング時に通る公園のトイレが昨年末リニューアルされることになり、秋口から告知の張り紙に書かれていた改修工事の時期が近付くと粗末な仮設トイレを使わされるのではないかと不安を抱きつつその時を迎えた。

いよいよ工事が始まると、危惧していた仮設トイレはとてもきれいで、快適な朝のランニングをサポートしてくれてホッとした。そして予定通り12月末にリニューアル工事が終わって公園の我がトイレがきれいに生まれ変わり、待ってましたとばかりに竣工当日にさっそく使わせていただいた。

工事内容は躯体はそのままで内外壁を整え和洋混在から全個室洋式にしたものだが、驚いたことに機器は新しくなったものの、下記の通り設備は大幅にグレードダウンされていた。

  1. 洗面台の蛇口が感知式からプッシュ式になり、水量がチョロチョロですぐに止まってしまう。
  2. 車いす対応個室の手洗いの蛇口がユニバーサルデザインのレバー式から古式ゆかしいスクリュー式に逆行!(握る力が弱いと使えない)
  3. 車いす対応個室の洗面用鏡が、これまで車いす用に斜め下向きに設置されていたが改修により垂直に設置された。
  4. いままで車いす対応個室に設置されていた非常通報装置が撤去された。

なかでも4については、以前から設置されていて架設トイレにも設置されていたのになぜ改修後は取り外されてしまったのか理解に苦しむ。身体に不調のある人がトイレで突然体調を崩すということは十分考えられるし、この公園の治安だってお世辞にも褒められたものじゃないのだが、、、

この改修工事を担当した人は1度でもこのトイレを使ったことがあるのだろうか?どう考えても利用者の利便を考えた改修とは思えない。改修によってトイレの内外装の見栄えは多少良くなったが、それ以上に品質が下がってしまったのでは改修をする意味があったのかと思ってしまう。つい最近立派な区役所を建てたから、公園のトイレの内外装を整えた上で品質も上げるにはお金が足りなくなってしまったという訳じゃないと思うが。 まさかね、、、

 

コメントを残す