寺ノ沢(2018年沢シーズンの幕開けは連チャンで西丹沢その2)

2018年4月8日 前泊日帰り 7名
交通手段:自家用車 アプローチ:寺ノ沢P

 

今年の沢シーズン幕開けは、2日続けて西丹沢で沢登り!

2日目の寺ノ沢は箱根屋沢から丹沢湖方面に戻り右折して落合隧道を世附方面に向かう途中にあるので横浜に帰らず、山北駅のさくらの湯で汗を流してから入渓点近くの駐車場で車中泊した。

松田駅で集合してやって来たメンバーと寺ノ沢橋で合流して8:25入渓したが、ミツマタの季節が過ぎても丹沢湖付近の桜が満開になっているせいか、いつも静かな世附川沿いの駐車場はどこも混雑していた。

 

 

 

P430の二俣を左に進み15mの滝を見物してから再び二俣に戻って左右の中間尾根を登って高巻いたが、初っ端から足元も安定せずなかなかスリリングな高巻き。CLによるとこの沢はこんな高巻きの悪さも併せて2級上なんじゃないかとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

15m滝を高巻き取水塔を過ぎると連続して現れる滝のどれにもあまりピンの類は見られず不安な箇所に打ったハーケンは動荷重に耐えるほど岩がしっかりしていないものの、バランスを取る助けになった。

 

 

 

天気予報では前日より気温が10℃下がるとなっていたが、日差しが強いせいか曇天の昨日よりずっと暖かく、歩きだして間もなく上着を脱ぐほど。

 

 

 

山腹にはトウゴクミツバツツジが咲き、暖かい日差しの下で見る今日の滝は涼しささえ感じた。

 

 

 

P660付近にある20m滝の大高巻きは手がかり足がかりがボロボロでかなり悪く、小一時間かけて滝上に合流してくる支沢6mの滝の上に出て懸垂下降した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6mの滝を懸垂下降したところで遡行終了とし、権現山からミツバ岳に続く尾根に向かって登りミツバ岳手前のP835から寺の沢橋に下った。

 

 

 

 

 

 

 

 

〈今回のルート〉

コメントを残す