檜洞丸から石棚山稜

2018年2月12日 日帰り 11名
交通手段:タクシー・電車・バス アプローチ:行き 御殿場線谷峨駅よりタクシー分乗 帰り 西丹沢より富士急湘南バス

山仲間と雪の低山ハイクを楽しみに檜洞丸へ。

先週は宮ケ瀬から丹沢三峰を経由して大倉までの単独だったが、今回はそれとは対照的に総勢20名を上回る大人数での山行になったので、ツツジ新道から登り檜洞丸からは犬越路方面と石棚山方面の二手に分かれて下山することになった。

 

ツツジ新道入口からゴーラ沢出合まで

ツツジ新道入口の沢から尾根に出るまでは陽当りが悪く凍った箇所があり、何人か足を滑らせて転んだりしていたが危ない箇所でもないので転ぶ人や手助けする人、それぞれ笑いながら和やかな雰囲気で歩みを進めていた。


ゴーラ沢の出合を対岸に渡りコンクリの階段を渡るとここからが本番だ。

ゴーラ沢出合から檜洞丸

展望台ベンチまで来ると振り返れば富士山が見える。

展望台から富士山を望む

展望台ベンチを過ぎると足元の雪の量も増えてきて、息を切らせて登る人や装着したアイゼンのベルトが足になじまず途中で立ち止まっては調節に苦心する人も出始めるがそれもつかの間のこと、鉄のハシゴを過ぎると間もなく石棚山稜からの道と合流しやがて到着した檜洞丸山頂からは山中湖の向こうに更に大きな富士山が見えた。

檜洞丸山頂から見えた富士山と山中湖

檜洞丸山頂から見えた富士山と山中湖

二手に分かれての下山

昼食後は犬越路方面と石棚山稜方面の二手に分かれて下山した。私たちが下った石棚山稜には犬越路ルートの大笄小笄のような急峻な箇所がないものの、数年前のこの時期に下った時には踏み跡が薄くラッセルに手間取り予想以上に時間がかかったとの事前情報を得て臨んだが、今回は登りも下りもよく歩かれていて雪が程よく締まっていてとても歩きやすく、天気予報で伝えられていた程の強風も吹かず快適なハイキングをすることができた。

そのためゆっくり歩いたにもかかわらず乗車予定の1本前のバスが停留所を通過した直後に到着したので、西丹沢ビジターセンターまで歩き、次のバスが出発するまでの間センター横の河原でアイゼンやスパッツの泥をきれいに洗い流すこともできた。

〈今回のルート〉

コメントを残す