今年はワカンが大活躍、宮ヶ瀬から大倉へ

2018年02月04日 日帰り
形態:縦走 交通手段:電車・バス
アプローチ:神奈中バス(本厚木駅ー三叉路)

大雪でバスが運休してしまい先週断念した新春恒例宮ヶ瀬ー大倉縦走を月遅れで決行。
一昨年は全く雪が無く15:00過ぎに大倉に到着。昨年は本間ノ頭から雪が深くなり大幅なペースダウンをして大倉着17:00。今年は昨年を大幅に上回る積雪が見込まれたため、太礼ノ頭到着した時刻如何で戻ることも念頭において出発した。

宮ヶ瀬三叉路のバス停

快晴の下三叉路バス停から向かった登山口にからすでに雪が積もっていた。本間ノ頭あたりかまで本格的な積雪がなかった昨年と比べて今回は相当の積雪が予想される。宮ヶ瀬湖を見下ろしながら高度を稼ぐが昨年よりだいぶペースが遅いので御殿の森のピークはパスし高畑山も山頂を通らずに巻いた。

北側斜面のトラバース

歩きにくかった北側斜面のトラバース

金冷やし手前のトラバースは所々雪崩の跡があり桟道が埋もれていたりで歩きにくく、なんと言っても雪を踏み抜く度に奪われる体力に撤退は必至かと思ったが、半分まさか使わないだろうと思いながら持ってきたワカンを本間ノ頭で履くと俄然踏み抜きが少なくなりペースを保って歩くことができた。

遠くに見える蛭ヶ岳山荘

遠くに見える蛭ヶ岳山荘

行く手に見えるのは丹沢山?

快適な雪山ハイク

昨年は一昨年の経験から全く積雪を想定していなかったので本間ノ頭から丹沢山まで苦戦したが、今年の核心はワカンを履く本間ノ頭迄で、それ以降丹沢山までの行程は快適な雪山ハイクとなった。

みやま山荘とゆきだるま

みやま山荘とゆきだるま

丹沢山を過ぎ今までの静けさが嘘のように大勢の登山者で賑わう登山道を大倉へ下る頃には日も落ちてきた。

明かりが灯り始める渋沢の町

明かりが灯り始める渋沢の町

〈今回歩いたルート〉

コメントを残す