雪の鍋割山(川でコケてずぶ濡れに!)2012年01月25日

今日は平日登山、土日はギュウギュウ詰めの渋沢駅発大倉行きバスも乗客は10人程度でガラガラ。

退屈だと言われる登山口までの林道歩きだが、大倉から二俣に向かう西山林道は大好きな道で、景色を楽しみ足元に残る動物の足跡を探しながら林道歩きを楽しんでいるうちに周りの木々の枝に付いている雪の量も増え、二俣に着く頃には風に吹かれて樹上からサラサラと雪が舞い落ちて来て冬山ムードがかき立てられた。

と、ここでちょっとしたアクシデント発生!
二俣の木橋の上にはかなりしっかりと雪が積もっていて滑りそうな感じが、、、
かたや川の流れは水量が少なくて川巾も跨ぎ越せそうなくらい、、、
少し迷ったものの、ええい川を跨いじゃえと横着をしたのが大間違い。
川に近づいてどこから渡ろうかと目星を付けているさなか、ちょっと躓いた拍子に足を載せた石の上が凍っていてツルリ、、、川の水の中にコケて、そのハズミで持っていたデジカメを水没させてしまった上、ポケットの中にあったコンビニのつり銭で膨れた小銭入れで太ももをしたたか打ってしまった。

幸い大事にはならなかったが、横着しようとして転ぶなんて、、、
カメラ水没にショックを受けたものの気を取り直して先へと進んだ。

後沢後沢乗越までは前回久しぶりに来てバテバテになった反省から、ゆっくりゆっくり登ったが、自分のようにペースが遅い者にとっては人の少ない平日はいいものだと思った。

尾根に出ると高度を稼ぐに従い雪が深くなってきて、鍋割山手前の木道あたりまで来るとすっかり雪山の風景になって来たが、風が穏やかで歩いているうちに汗ばむ陽気、すでに上着は脱いで背中に羽織っている状態でニットの帽子も脱ぎ首からタオルをかけて汗を拭き拭き歩いた。
このあたりまで来ると足跡に軽アイゼンが混ざってきたが、降ったばかりのフカフカな雪でアイゼン無しでも問題なく歩けた。

鍋割山頂に着くといつも大勢の登山者がくつろいでいる草原も一面銀世界、座れるのはテーブルの上の雪を払ったわずかな部分だけだが、山頂にいる人は10人弱で全員が座ることができるほど空いていた。

鍋割山陵を塔ノ岳方面に行くと、これまで登って来た道に比べて格段に雪が深くなり、足元が上がっているのを忘れて歩くと樹の枝に頭をぶつけそうになるところも何ヶ所かあった。

蹴ると雪煙を上げるような新雪の道は綺麗で歩きやすいが、下に木道があっても隠れて見えず所々木道を逸れて踏みぬいたらしい深い足跡などがあったので、トレースを外れないように気をつけて進む。

小丸尾根分岐の先大丸あたり、少しばかり傾斜が急なところもアイゼンを付けなくても不安を感じないような雪の状態だったが、つま先で足元を蹴るとフカフカ雪の下にコチコチの氷の塊が出てきたので、アイゼンの準備は必須だと改めて感じました。

当初は塔ノ岳、雪の調子次第では丹沢山も頭の中にありったが、川でころんだ時に打った太ももの調子を考えて金冷シから大倉に下ることにした。

金冷シを下り始めると後ろの方からタタタという速そうな足音がしたので脇に避けると「ごめんね~」と言いながらチャンプさんが走り抜けて行く、噂には聞いていたが、雪の中薄手のワイシャツのようなものを羽織って短パンを履いて足元はスパッツといういで立ちで背負子を背に走り抜けていく姿にはあっけにとられた。

晴れているだけでなく空気がとても澄んでいるらしく、花立山あたりからは左方に横浜ランドマークタワーを始めMM21地区がはっきりと見え、朝西山林道を歩いている時に東富士演習場の方から演習の爆音が聞こえていたが、花立山荘から富士の裾野を見ると、はるか先の演習場に立ち上る演習の煙も見えた。

花立山荘から下は雪がシャーベット状になって跳ね上げが気になったが、これが凍ったら下りはもちろん登りも厄介そうだ。

更に下っていくと、路面はシャーベットになったり雪道に戻ったり、いささか深めの泥濘になったりと足元の状況が目まぐるしく変化してきたが、駒止茶屋の手前あたりからは雪がほとんど目につかなくなって来た。

登る前はグズグズの雪やアイスバーンばかりを想像していたのにこんなにフカフカで綺麗な新雪の中を歩け大満足の山行ができた。

コメントを残す